<   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
猫の目線3
e0149261_11191512.jpg

[PR]
by rawworks | 2011-04-30 11:19 | X2
家族の証明
e0149261_1461886.jpg





ただいま帰宅。
久しぶりの我が家よ。

冨士山アネット『家族の証明∴』を観て来ました。

「本当観て良かった」
「観なきゃ良かったかも」
この二つが同時に心を駆け巡る、そんな作品。


正直くやしい。
本当くやしい。


台詞劇を基本に芝居をしてきた身としては
衝撃。それ以外僕は言葉を持たない。

でも同時に感じたのです。
何と言うか芸術の神様のようなモノに優しく抱きしめられたような感覚を。

あぁそれにしてもくやしい。


あんまりくやしくて長谷川さんに挨拶もせずに帰ってしまい
(子供か俺は・・・)
先ほど電話で謝罪した次第です。

「1日の午前中まで福岡に居るよ」という長谷川さん。
来いってか?
残念ながら宮崎稽古前日ですから・・・

そして「東京で待ってますから」と言ってくれる長谷川さん。


背筋が伸びる。
気合が入った。(いや入ってますけど更にね)


いいじゃないの。
東京での再会。
それまでに渾身の一球を投げる肩を鍛えておかなきゃな。


いい夜だった。
[PR]
by rawworks | 2011-04-29 02:04 | X2
ツイート
本日は写真なし。

福岡のネットカフェで書いているので
ご容赦を。

今日は朝まで仕事して明日の夜まで福岡におります。

明日の夜は、冨士山アネットpresents[家族の証明∴]JAPANTOUR 2011
を見たいのです。
なので福岡で3泊目なのです。


上記作品の作・演出・振付をされている長谷川さんが
『prayer/s』福岡稽古初日飲みと昨日の二日目飲みに
来て下さいまして、すごく楽しかったので明日はもう絶対に見なければいけないのです。

今日ぽんプラザホールに行った時も
テクリハ中に抜けて来て下さいまして「飲み行こうよ~」としつこく(失礼!)誘ってくれました。

野田地図にも出演されている長谷川さん、
そして何より東京でリアルな作品作りをやっているカンパニーの皆さんと
飲みたくないはずないやろ!飲みたいがな!
でも仕事やっちゅうねん!

また会いましょうね。
御縁がある事を願います。



ツイッターを始めました。

始められたのは演出助手の山下キスコ君のおかげです。
しくみが良く解らないので僕はあんまり呟かないと思いますが、
稽古状況とか面白い実況中継になるはずです。

今回の稽古は偶然という奇跡が沢山起きている。
つぶさに見届けて頂ける方は見て下さいませ。

こちらです。


福岡稽古についてはまた今度。

とりあえず朝日が昇るまでがリミットなんで仕事します~
[PR]
by rawworks | 2011-04-27 23:31 | 演劇
『prayer/s』 稽古2 福岡編
e0149261_104491.jpg





極秘会議中の演出&演出補佐。

内容は、
俳優には知らされない演出プランについてか、
今日の飲み会会場の場所についてか。


一昨日から福岡稽古が始まりました。

鹿児島と同様、劇作家永山智行が書いてきた戯曲を
中心に稽古は進む。

扱いやすいとは言えない戯曲と
格闘する俳優たち。

その顔には苦しみが見えるけど、ただ苦しいだけじゃなく
俳優としての喜びを感じているのが解る。

俳優は演出家を求めている。
それは九州の限られた場所なら尚更だ。


先日のワークショップ終了後に俳優全員に電話をした。

明るく楽しい稽古場や、
カッコよろしい台詞を気持ち良く吐けるような演劇にはほど遠いこの作品に
全員が「絶対に参加したい!」と言ってくれた。

僕個人のすごくパーソナルな企画からスタートした
この企画は、もう既に僕の手を離れて参加俳優全員のモノになった。

僕は神を妄信してはいませんが、
どこか深いところに居る誰かに
彼らと作品を作ることが出来ることを感謝したい気持ちで一杯です。

ありがとう。


僕は僕の手が届く範囲で彼らの安全を確保し、
無事に本番を迎えて、無事にこの作品の幕を下ろすことに全力を注ごう。

何度言っても足りません。

本当にありがとう。
[PR]
by rawworks | 2011-04-27 10:45 | 演劇
RAIN
e0149261_2043477.jpg





e0149261_20424723.jpg




e0149261_2043177.jpg




雨の日はキレイになれるから好き
[PR]
by rawworks | 2011-04-24 20:44 | X2
『prayer/s』 稽古1 鹿児島編
e0149261_1135112.jpg





一瞬、迷いました。


4月20、21日と『prayer/s』稽古の為に鹿児島に行っていました。

来たぜ、鹿児島まで。
『ワーク・イン・プログレス九州』という
文字通り九州を走り回る芝居作りになっております。


前回まではワークショップだったので、
今回が稽古開始となったわけですが、
ワークショップの濃密さゆえに不思議な感じでしたね。
もう一ヶ月くらい作ってなかったっけ?みたいな。


稽古は作、演出の永山さんが書いてきたテキストを基本に進んでゆく。
今まで全くテキストが無かったこともあって
何か芝居を作ってる感じ(?)がしました

永山さんが書いてきた、多分これまで読んだことが無いようなテキストを
読んだことが無いような読み方で提案される俳優たち。

演技という縛り。
俳優以前の人間としてのリアル。

今回の稽古で解ったのは、本番で形作られるだろうこの芝居の
最終形が全く想像出来ない、ということか。
まぁそんなのは考えるつもりもない。


その瞬間、その瞬間で感じることを素直に感情としての表現に繋げていく
表現者として必要以上の責任を背負わない


よく「演技に正解はない」と言われますが、
通常の演劇創作現場では、「それなりの正解らしきもの」はあるような気がします。

正確には「正解だと思い込んでいるもの」ですが、
それは脚本という設計図があり、集団創作作業なのですから
必要なことです。

しかし今回ばかりは本当に正解がありません。

俳優の人生を出発点にした脚本、
そしてそれぞれの人生を背負った人々が出会う場所としての舞台が
この『prayer/s』の基本ですから、

僕も含めて俳優としてこの作品に接した人は、
「人生には答えが無い」という誰でも知ってることを
身をもって感じることになるのでしょう。


稽古場に居るのは、俳優2人と
演出家1人と演出補佐1人。

世界の大きさ、宇宙の壮大さからすれば
もの凄く小さな世界で作られている作品ですが、
その先にあるものは紛れも無く宇宙であり世界です。

この作品が行き着くところが本当に楽しみです。
それはきっと人生を楽しもうと思う気持ちと同じなのでしょう。


絶望も妬みも痛みも快楽も安らぎも全て抱えて、いま、ここに、いる。
そんな人々の出会いを観に来ていただければ幸いです。

あなたと出会えることを何よりも楽しみにしています。
[PR]
by rawworks | 2011-04-23 14:32 | 演劇
ただいま!行って来ます!
e0149261_1202098.jpg





「prayer/s』の鹿児島稽古会場だった
鹿児島市中央公民館です。なかなか素敵な佇まい。


昨日は夜10時まで稽古して、
12時から高速に乗り、
7時に長崎帰宅。

ただいま!長崎!

そして行って来ます!

今日は納品だったり、夜は『ナンコインウィーク』にも出るので
寝てるヒマなし!

鹿児島入りから殆ど寝てない日が続いているけど
何とか生きてる!

それじゃ!
[PR]
by rawworks | 2011-04-22 07:59 | iPhone
いまから鹿児島へ
e0149261_1295485.jpg




昨日から始まってます、F's Companyのナンコインウィーク

毎日日替わりで色々企画をやってるみたいですね。
未就学児OKとか、福田修志だけが何かやる日とか、飲食OKの日とか。

僕は今回チラシデザインと、22日に一日だけ出ます。
確か前説と客席参加型演劇と、フリーエチュードだけのはず。

最近台詞喋ってないからなぁ~
フリーエチュードとか心配です。ちゃんと喋れるかなぁ・・・


しかしこのチラシの適当さ加減が・・・

俺もっとデザイン上手くなるよ、みんな。


さぁ今から鹿児島に出発です。
なんせ遠いのでETC深夜割引使わないとね。


鹿児島の皆さん、待ってて下さいね。

そして長崎の皆さん、「ナンコインウィーク」観に来て下さいね。
[PR]
by rawworks | 2011-04-20 01:38 | 演劇
明日から鹿児島へ
e0149261_17162074.jpg




【誰でも撮れる撮り方】
【面白みのカケラもない撮り方】

と言われている、いわゆる「日の丸」構図の写真です。


被写体を画面のド真ん中に置くこの構図は
確かに何も考えずに撮れますが、僕は一番難しい構図だと思います。

人も写真も同じ。

正面から向き合うことが一番難しいし、面白いです。


明日から『ワークインプログレス九州』改め、(しつこい?)
『prayer/s』の稽古開始。

まずは鹿児島の4人の俳優と対峙するのだ。

天文館とかいう繁華街も気になりますが、
これからの稽古は3時間単位ですからキッツいヤツを期待します。

願わくば稽古後に何処にも出掛けたくなくなるような
手加減一切なしの剛速球飛び交う稽古場にしたいものです。
[PR]
by rawworks | 2011-04-19 17:33 | X2
『ワーク・イン・プログレス九州』 正式タイトル
e0149261_11582037.jpg





RAWWORKS presents

『prayer/s』※ワーク・イン・プログレス公演


作、演出 永山 智行

出演 川内 清通、酒瀬川 真世、秦 かよこ、上野 敦子、田中 克美、川口 大介

     椎木 樹人、湯田 葵、岩元 恵理、福薗 宏美、米山 和宏、松岡 優子、塚原 政司


演出助手/山下キスコ

制作/橋本理沙



福岡公演 2011年5月16日(月) 18:30、21:30
2011年5月17日(火) 19:30
会場:Konya gallery
〒810-0041福岡市中央区大名1-14-28第一松村ビル201+202


長崎公演 2011年5月30日(月) 19:30
会場:宝町ポケットシアター 〒850-0045長崎市宝町5-25-2F

チケット 全席自由・日時指定
       予約1,000円(当日1,500円)

チケット予約 メール:rawworks.kawachi@gmail.com
          電話:090-1194-8789(川内)


開場は開演の20分前。未就学児は入場不可。
尚、当公演は演出の都合上、途中入場はお断りさせていただいております。
ご了承下さい。

※ワーク・イン・プログレス公演とは、
途中経過を発表する実験的な演劇公演です。
今回上演する作品を元に2012年本公演を上演致します。
[PR]
by rawworks | 2011-04-18 03:53 | 演劇



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks