<   2010年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
次へ
e0149261_0285654.jpg

[PR]
by rawworks | 2010-05-19 00:31 | X2
整理整頓
e0149261_2521644.jpg





製作中の企画案件が、余りに輪郭が不鮮明であることに気付き、
企画書を一から作り直している。

何を一番に伝えるべきなのか。二番は何か。
ターゲットは誰なのか。そして、その相手に対してぶつけられる俺の武器は何なのか。


一つ一つ紐解いて行くと、頭が幾分すっきりした。


ミクロが見えて来ると、マクロは自然に見えてくるんだなぁ。
[PR]
by rawworks | 2010-05-17 02:57 | X2
足元
e0149261_2181452.jpg





探していた彩りは、足元に落ちていた。
[PR]
by rawworks | 2010-05-16 02:45 | X2
撮ってだし
e0149261_125533.jpg





久しぶりに近所までカメラを手に出掛けた。

財布は無し。
携帯も無し。
煙草とカメラだけ持って出掛ける、この贅沢。
[PR]
by rawworks | 2010-05-15 01:04 | X2
すきま
e0149261_1339444.jpg





最近になって以前作った映像について意見を貰うことが多くなった。

『睡稿 銀河鉄道の夜PV』や、『マチクイの詩PV』についてなのだけど、
面白いのが『睡稿 銀河鉄道の夜PV』は概ね好印象を貰うのだけど、
『マチクイの詩PV』については、賛否両論。

良いと言ってくれる人は、凄く気に入ってくれてるみたいだし、
良くないと言ってくれる人は、結構散々な言われたかたをする。

特に多いのが「長いよ」という意見。


それが何でそう言われるのかずっと気になっていた。

どちらも撮影・編集しているのは僕だし、どちらも結構お気に入り。
久しぶりに今見直してみて、細かいことは気になることもあるけど、
そんなに変じゃない。全体的にはイメージ通りだ。

同じ人間が作っているのになぁ、と。


それが久しぶりに一人で宮崎に行ったことで解った気がした。

宮崎時間、なんて言われるように宮崎というところでは
時間がゆったりと流れているような印象を受ける。

僕は宮崎に行く度に故郷に帰ってきたような気持ちになるのですが、
それもこの時間の流れから来ていると思う。

その人の中に流れている時間感覚。
いわゆる【間】というもののせいじゃないのか、と。


『睡稿 銀河鉄道の夜PV』と、『マチクイの詩PV』の違う部分と言えば、【間】だと思う。
その世界に流れている【間】が違うから、
その【間】が自分の中にある人は、「心地よい」と感じてくれて、
その【間】が自分の中に無い人は、「長い」と感じるのじゃないのか。

まぁ当たり前のことなんですが。
もっと早く気付けよ、俺。







再演決まったそうですね。

今回あっと驚く・・・まだオフレコかな。
面白い公演になるようですよ。


映像を作っていても、芝居を作っていても、一番気を使うのは【間】だと思う。
最終的に一番考えている時間が長いのも【間】についてだし、
その人を根本的に作っているのも【間】だろう。

そこで大事なのは、映像も芝居も観る人のことを考えなければいけないってこと。
ツマラナイ映画や芝居は大概【間】が悪いものだ。

だからこそ常に【間】の感覚を磨いていなければいけない。

そして自分の【間】を疑うこと。
常に自分の【間】を監視していなくてはいけない。
自分ほど騙されやすいものは無いのだから。

人に何かを見せる、ということを10年以上やってきて
今立ち返っているのが、自分を律するということなのが面白い。


全ては自分次第。

本当にその通りだ。
[PR]
by rawworks | 2010-05-14 00:21 | X2
向き合う
e0149261_14363379.jpg





製作中のデザイン案件について、ちょっと行き詰まり気味。

なので、洪水のように自分の中に映像や写真を流し込んでいます。
これでもか、というくらい。

その中にはやっぱり落ち着くリズムというのがあって、
そのリズムに自分を浸していると、何故だか泣きたい気持ちになります。

「何だか色んなものを落としてきてしまった気がするなぁ。」と。



何をどれだけ取り込もうが、その全てがサラサラと流れ落ちて
残っているのは自分だけ。

何をするにしても自分と向き合うしかないですなぁ。
[PR]
by rawworks | 2010-05-12 14:44 | X2
車窓
e0149261_23524931.jpg

[PR]
by rawworks | 2010-05-11 23:52 | X2
a drop
e0149261_221837.jpg





日帰り宮崎の旅、再び。

3時長崎出発→8時宮崎到着→18時宮崎出発→数回事故りかける→2時帰宅。


もう止めよう。
ちゃんと寝てから行動しよう。



『女性』展に向けての撮影で行ったのですが
今回の女性は、かみもと千春

1年ぶりに会った彼女は、相変わらずな部分と、そうでもない部分が
入り混じった顔をしていた。



「最近は表現者としての自分を磨きたいと思っている」というその顔は
ひとつ年を取り、ひとつ謎が増えた女性になっていた。

お互いに良い時間を重ねて生きたいもんだね。
[PR]
by rawworks | 2010-05-11 02:30 | X2
tuning23-7
e0149261_1513087.jpg





JB23関連の検索が多いので、たまにはクルマ系のことを。

先日取り付けたオイルキャッチタンクです。



e0149261_1515463.jpg




怪しいですね~

元々はレース用の部品で、レース中にエンジンブローした時に
オイルをコールにばら撒かないように装着するものですが、

以前プラグ交換した時にブローバイガスが多かったので、
その対策に取り付けました。

これですね。



e0149261_1517589.jpg




このブローバイガスはホースでエアクリーナーなどに戻されるようになっているそうで、
再燃焼させることで大気放出を避けている仕組みになっているそうなのですが、
戻されるガスなどは、すべて燃焼されるわけではないそうです。

ガスの一部は液化してしまい、インテークパイプやインテークマニホールドに付いて
まぁ色々あって、吸入効果や燃焼効率が低下するといった原因にもなったり、
黒煙の増加にも繋がるらしいです。

それを防ぐために、ブローバイガスをエアクリーナーなどに戻すホースに
オイルキャッチタンクを咬ませるわけです。



e0149261_15295591.jpg




インテークマニホールド側




e0149261_15303757.jpg




エアクリーナー側



e0149261_15305743.jpg






取付け完了




e0149261_15323171.jpg





実はこのタンク、取付けてから2~3ヶ月くらいで本体のシール部分に不具合が出て
(きちんと密閉されてなかった。つまり製品の作りが雑だった。)
ホースからオイルがダダ漏れしてた・・・

今は取り外してシールしたので完璧。
オイルがダダ漏れしてたことから、効果はあるらしい。


ちなみにこのホースは、耐熱耐油性の工業用ホース。
ちょっと高かった記憶があり。


これで少しでもエンジンの寿命が延びることを祈る。
[PR]
by rawworks | 2010-05-09 15:39 | 整備
居留守です
e0149261_1482857.jpg





福島 英 作 『ヴォイストレーニングがわかる!Q&A100』を読み直している。

声に関してこんなに有名な人も少ないので、
さぞかし声の勉強が出来るんだろうと思って読んだけど、

「良い声を手に入れたい?なら自分で探しなさい」と
肝心な部分で突き離される感じが、逆に信用出来る。
万人に有効な方法などあるはずないよね。

それに背中を押してくれる言葉が数多い。
以下抜粋。

「入っていないものは出てこないのです。
気づかないことに気づく。
足らないものは補う。
入っていないものは入れる。

すぐに出来る方がおかしいと思いませんか?
できたと思って基準を甘くしているだけなのです。
やれたのではなく、ごまかしてこなしたのです。
解決したのではなく、本当の問題に気づく機会を見逃したのです。」


あぁ、胸に沁みる・・・


正しい言葉に出会うと嬉しい。
[PR]
by rawworks | 2010-05-09 02:02 | X2



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks