<   2010年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
野に咲く花のように
e0149261_2211292.jpg





逞しく

慎ましく生きたい
[PR]
by rawworks | 2010-04-29 22:12 | X2
プリント
e0149261_23384449.jpg





福岡から帰宅して、今日は前撮り撮影。
夕方からは明日の撮影の仕込みへ。

何だか頭がくらっくらっ


福岡に向かう途中、半年ぶりくらいにサンライズステーションを聴いた。
相変わらずヒラジュンはノホホンとしていてイイね。


今日は寝れるだろうか。

最近本気で睡眠導入剤を考え中。
あれってどうなんだろう?
[PR]
by rawworks | 2010-04-28 23:46 | X2
歩く
e0149261_14572467.jpg





福岡に来ています。


最近また写真を撮り始めました。

気付いてみれば次の写真展まで一ヶ月という焦りで・・・という訳でもなく、
フラリと写真を撮っています。

写真展のことも、もうそろそろ考えないとまずいのですが、
まだスイッチが入らない。
もう少し待ってみるか。


写真を撮るぞ!じゃなく、息を吸うようにパチリと撮って
空気を汚さないようにソソクサと去る。

それくらいになれたらいいな、と思う。
[PR]
by rawworks | 2010-04-27 15:10 | X2
e0149261_23395941.jpg





いつの頃からか、夜が怖いと感じるようになった。



早く朝が来て欲しい。
[PR]
by rawworks | 2010-04-26 23:43 | X2
観る
e0149261_23364018.jpg

[PR]
by rawworks | 2010-04-25 23:37 | X2
遊ぶ
e0149261_946561.jpg






最短距離ばかり探さないように。

一ヶ月後にどうなっているのか、そればかり考えていては
確実なモノは目指せても、想像を超えることは難しい。

無理やりにでも回り道を探す。



そんな気持ちで昨日の稽古をしていました。

平たくいうと遊んでたってことです。

全力で遊ぶのは難しいなぁ・・・
[PR]
by rawworks | 2010-04-25 09:54 | X2
新生
e0149261_1363976.jpg





「志」とは。

毎日のように自分に問い続ける。
そして毎日答えは出ない。



俺が今抱えている問題や壁らしきモノは、本当に壁なのか?問題なのか?

全ては心の在り様じゃないのか。だとしたら時間の浪費だ。
もっとその先を観なければ。



戦うべきは世界。

敵を間違わないように。



肝に銘じておこう。
[PR]
by rawworks | 2010-04-24 01:46 | X2
誓う
e0149261_2133463.jpg

[PR]
by rawworks | 2010-04-23 02:15 | X2
歴史
e0149261_305883.jpg





ビールに飽いて、数年ぶりに酒に手を出した。

グビグビ飲めるもんだから、前回キャバクラのトイレに籠城した思い出を忘れて
散々に酔っ払った。

ようやく少しマトモになった。



何だかもの凄く観たくなって、『たそがれ清兵衛』を観た。

イイ。もう堪らなくイイ。
この映画は僕の宝物だと思う。

たそがれ清兵衛は、製作に10年以上費やしたそうだけど、
それほど長い間モチベーションを維持出来るとは何なのだろうか。

演劇はどんなに準備期間を要しても1年くらいだろう。
ナマモノである故に、長い時間を掛けて製作することは難しいと思う。

製作者として映画は映画の良さがあるのだろう。

この作品を観ていると、その世界に飛び込んでみたい衝動に駆られる。

僕にとって、映像とは何なのだろうか。



10年経っても心に響く作品を作って生きたい。
[PR]
by rawworks | 2010-04-21 03:10 | X2
e0149261_1524724.jpg





『わが教え子、ヒトラー』

『長崎ぶらぶら節』

『私は貝になりたい』 鑑賞。


以下ネタバレです。








『長崎ぶらぶら節』は、良い雰囲気の映画だった。
ちょうど今読んでいる本に、戦艦土佐の話が出て来ていて、
長崎ぶらぶら節にも戦艦土佐に捧げる唄が出て来る。

縁を感じる。
慎ましく古き良き日本の姿。良いのだけど、作り方が少し残念だった。


『わが教え子、ヒトラー』は、ヒトラーに演説の教師が居たら?という話。
多分フィクションなんだろうけど、全体的にコメディタッチで面白い。
でも何か物足りない。最後の演説シーンをもう少しどうにかして欲しかったなぁ。
それも製作者の意図なのは重々承知で。


『私は貝になりたい』は、面白い作品になると思うのだけど。
「ねっ!これドラマでしょ!」という製作サイドの意図がキツい。
もう少し演出がゆるくても良いのではないかな。
観客の想像力をもう少し信じて欲しいと感じた。



戦前戦後の作品ばかりが並んでいる。

映画が『冬の花火』の参考になるとは思っていないけど、
頭がそちらに動いているのだなぁ。
[PR]
by rawworks | 2010-04-20 02:10 | X2



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks