<   2009年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
tuning23-6
e0149261_19461412.jpg




「最高のチューニングとは、洗車である」


ということで、JB23を初めて洗車した。
購入して既に1年半も過ぎているJB23だが、初の洗車だった。(GSとかでもしてない)

始めはワックスすら掛けるつもりが無かったが、
普通に洗っただけでは、全くキレイにならなかった。

水垢がヒドイ・・・


なので一念発起して、コンパウンドを取り出し(これも2年以上使ってなかった)
水垢を丁寧に落として一皮剥いた。

更に、外せるパーツは外しまくり、ブレーキクリーナー&パーツクリーナーで
拭き上げた。

窓は水洗いの後、ガラス用コンパウンドで磨き、
車内も掃除機&マジックリン&皮クリーナーで磨き上げ、
締めはリセッシュ。



たいがい綺麗になった。

もうしばらくは洗車しなくても良さそう。
あんまり綺麗にすると、ドアを蹴れなくなるからね。
蹴ったくってドアを閉められないようになったらJB23では無いだろう。

しかしまぁ気分はイイです。


次は、3年後くらいに洗う予定です。
[PR]
by rawworks | 2009-08-27 19:42 | 整備
お隣りどうぞ
e0149261_411451.jpg

[PR]
by rawworks | 2009-08-27 04:04 | X2
太陽の誘惑
e0149261_2385923.jpg




56mm一本で、旅行のアルバムが作れるか?














何とか成る。
[PR]
by rawworks | 2009-08-26 02:46 | X2
旅行
e0149261_22171111.jpg




毎年開催されている、我が家の一大行事「家族旅行」に行きました。

別府に一泊二日。
毎年断り続けていたのだけど、何と8年ぶりだった。


日頃、甥姪たちに何もしてあげれていないので、
罪滅ぼしの気持ちを込めて、家族旅行を立派な写真集にすることを約束しました。


かなり仕事モードで写真屋さんになっていたのですが、
400カットは撮り過ぎた・・・
(勿論、撮り損じはその場で削除。使えるカットだけで400カット・・・)


さぁ構成どうしよう・・・
[PR]
by rawworks | 2009-08-24 22:25 | X2
船出
e0149261_10383153.jpg




ボチボチ時間です
[PR]
by rawworks | 2009-08-23 10:44 | X2
愛を込めて花束を
e0149261_2511014.jpg




「母は妹が結婚する時は是非川内さんに頼みたいと言ってました」

なんて言われると、嬉しいのですよ。やっぱり。

いつまでもお幸せに。
[PR]
by rawworks | 2009-08-22 02:56 | X2
見送り
e0149261_1555396.jpg




見えなくなるまで見続ける。

見えなくなっても見続ける。


それが今の僕に出来る、唯一のこと。
[PR]
by rawworks | 2009-08-21 01:57 | X2
原風景
e0149261_1622445.jpg






記憶色。
[PR]
by rawworks | 2009-08-20 14:59 | X2
今日の散歩
e0149261_141021.jpg




やっぱり蛇口が好き。
[PR]
by rawworks | 2009-08-19 01:04 | X2
長崎曼荼羅
e0149261_23121747.jpg




東松照明氏のことを知ったのは、ある作家さんの書籍だった。

その人の本に何度も登場する東松氏に興味が湧いて
氏の本を探していたら、この本と出会った。


調べてみたら東松氏は、1961年に原水爆禁止日本協議会からの依頼で
『Hiroshima-Nagasaki Document 1961』という
原爆に関する写真集を制作したことがきっかけで、その後も度々長崎を訪れ、
1998年には、長崎に移住してしまった方だった。

ご近所にいらっしゃったとは・・・知らなかった自分が恥ずかしい限りです。


この本は、東松氏の写真や、被爆者の方との交流の書記、そして色んな作家さんによる
氏の批評をまとめたような構成になっています。

被爆者の方の言葉は、今僕が見ても痛みに満ちていて
とてもじゃないですが、どんどん読み進めることが出来ませんでした。

長崎公演が終わってすぐに読み始めましたが、
読み終えたのは、東京公演に発つ前日でした。

新装した原爆資料館にも足を運んでいましたし、
今までも本などでそれなりに被爆体験を聞いたような気でいましたが、
僕自身が年を取ったせいなのか、この本で語られる語り部の言葉は、
余りにも痛いものでした。


そして東松氏の写真。

その凄さもまた衝撃でした。

東松氏の写真は、何も語ろうとしていないのです。
作為というモノが全く感じられないのにその写真は、何といったらよいのか
解りませんが・・・とても良い雰囲気も持っているんです。

勿論、(良い雰囲気)などと言えないくらいに
重く圧倒的な現実を突きつけてくるような写真もあります。

でもその全てが、ありのまま。
陳腐な演出が一切ないのです。
(厳密には光や構図など全ては計算されているのですが)



幸運にも、今年の10月から長崎で、
『東松照明展-色相と肌触り 長崎-』が開催されるという。

東松氏が見てきた40年間の長崎について、
少しでも話を聞ければ良いな、と密かに思っています。
[PR]
by rawworks | 2009-08-16 23:54 | X2



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks