<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
「女の平和は、宮崎産」 14日目

e0149261_19375485.jpg



今日の写真は、劇団キララの宗さん。

『星の王子様』の王子は絶品でした。
一瞬でファンになってしまったのは、松たか子さん以来でした。



今日の稽古も門川の劇場にて。
しかも永山さんとの一騎討ちから幕を開けた。

普段は絶対にやらない朝10時から稽古。
永山さんと二人で舞台セットに入り、2時間話し合った。

この『女の平和』のラストシーン、その長台詞を成立させる為に
納得がいくまで話し合った。

永山さんがこの芝居を演目に選んだイキサツから、
今この時に九州の役者を集めて芝居を打つその意義。

気が済むまで話し合い、それから稽古開始。
二人きりの稽古は、昼過ぎまで続いた。


永山さんは多くを語らない演出家だ。
語る言葉は必要最小限。

その多くはない言葉を紡いで、自分の演技プランを組み立てて行く。
その時間が心地よい稽古だった。


その後、他のメンバーが集まり21時まで稽古。

明日は門川での稽古最終日。

演出家が思い描く世界を全身全霊を込めて演じる。そんな公演があっても良い。
勿論それは演出家の手足になる、というような陳腐な話じゃない。
僕らの志は、そんなモノではないのだ。

『女の平和』を宮崎の地に。
そして世界に向けて発信する。

その為に今は全力を投じるだけだ。
それが僕の祈りなのだ。
[PR]
by rawworks | 2009-01-31 19:36 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 13日目

e0149261_23463091.jpg



宮崎県立芸術劇場です。

デカいです。
未だに迷子になります。


今日は朝から3つ目の公演会場である、門川に移動。

一時間半の旅路を経て到着した門川は、静かな港町でした。
昼に食べたマグロ丼がメチャ美味。


劇場に到着してアップ開始。
初日は19時までミッチリと稽古でした。

稽古後に門川の美味いモンに舌鼓を打つ。
(あんかけ焼そば)なるモノがあり、これが皿うどんにソックリで美味かった。
同じ港町の長崎と門川は、どこか同じ流れをくんでいるのかなぁ。

門川初日は、雨に見舞われましたが、美しい港は旅の疲れを癒してくれました。
[PR]
by rawworks | 2009-01-29 23:44 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 12日目

e0149261_2259791.jpg



e0149261_2259373.jpg



今日の写真は、稽古帰りに寄った『劇団こふく劇場』の稽古場。

広いし、ちょっと胡散臭いし(これ超ホメ言葉)素敵な空間でした。
思いっきりブレてるのは永山さん。


今日は久しぶりの稽古休みなんで、静かに過ごしました。
ちょっと朝から景色がキレイらしい日南海岸まで車で出掛けるも、カメラを地面
に落としてキョウ冷め…

大人しく養生しろ、とのお達しと思い、昼には帰宅。
ひたすらに寝ました。

明日からアッという間に初日がやって来る。

今は過剰なくらい体調に気を付けないとな。
[PR]
by rawworks | 2009-01-29 22:48 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 11日目
e0149261_22363538.jpg


今日の写真は、『女の平和』主役のリュシストラテを演じる内山ナオミさん。


このキメ顔を素直に可愛いと思ってしまったが最後、
一秒後には「騙されやすいのね」と笑顔で断崖絶壁から突き落とされます。

要注意人物です。



今日の稽古は、昨日から引き続き都城市で。

今日も【返しの永山】は炸裂しておりまして、
稽古後は遊びに出る気にもなれませんでした。


稽古後に、元の稽古場である宮崎県立芸術劇場に向けて帰宅の途に着く。

明日は久しぶりの稽古休み。
朝からガツンと!…体調優先で寝ます。
[PR]
by rawworks | 2009-01-28 22:34 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 10日目
今日は二ヶ所目の公演会場である都城市のホールにて稽古。

大ホールを使った贅沢な稽古なれど、
ちょっと胸が踊ったのは各楽屋に名前が付いている事。

僕のお気に入りは、高千穂です。



e0149261_0383657.jpg




今日は舞台監督さん、照明さん、音響さんなどのスタッフさんに
稽古を見て貰っての軽い場当たり的な稽古。

14時~22時まで、たっぷりと稽古出来たのは有難いです。

しかし僕の体調は未だに今ひとつ良くない。

稽古後はホールの方が宴の準備をしてくれていたものの僕は止めときました。
都城市の美味いモノには非常に惹かれたけれど…体調が最優先。

明日の稽古を乗り切る為に、今日も酒無しで眠ります。

酒飲みてぇ~
[PR]
by rawworks | 2009-01-27 00:39 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 9日目
e0149261_23474746.jpg




今日から都城市に移動しての稽古。
という訳で、いきなりの公開稽古。


公開稽古って、ココまで公開?!と思う程に全面ガラス張りの公的エリアでの稽
古になりました。

普通に親子連れが歩く施設での公開稽古なので、劇中の「○○○○!」と叫ぶシ
ーンでは
小学生くらいの子供が、唖然として見つめていたのが楽しかったです。

言葉の意味は10年後にお母さんに聞いてね。



その後は、また稽古場を移動。
今度は都城市の公演会場にて公開稽古。

ココでは劇中のあるシーンの稽古。
僕は参加しないシーンなので見学でしたが、
楽しい稽古でした。

これが劇中に展開されれば、
またこの作品に拡がりが生まれるだろうなぁ~
面白い試みの芝居だなぁと改めて思えました。


今日からは宿泊先も都城市に移動。
ココで2泊3日して、また宮崎市に戻るそうです。
「女の平和」もいよいよ後半戦。

決意を新たにした稽古9日目でした。
[PR]
by rawworks | 2009-01-25 23:47 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 8日目
e0149261_23431879.jpg


「女の平和」メンバー、オーシャンズ11風。


今日も昼から稽古。


今日の合言葉は、『すなわち○○こと!』

稽古を始めて一週間、一緒に居る時間が長いからなのか、
『女の平和』チームはナカナカに良いチームになりつつあります。

役者同士でありながら、お互いを尊重しながら稽古が出来るというのは素敵なこ
とだと思います。


そういえば昨日書いた後に劇団キララの「星の王子様」を観劇した。

宗さんの芝居はホボ始めて観たのだけど、素敵な女優さんだ。
その儚さを感じる姿に心底マイってしまったのは僕だけじゃなく、
お客さんの評判はすこぶる良かったようだ。

宗さんは今日でキララの舞台を終えて、明日から女の平和チームに入る。
ようやく明日、女の平和チームが全員が揃う。

さぁ気合入れなおさなきゃな。
[PR]
by rawworks | 2009-01-24 23:39 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 7日目
e0149261_2330996.jpg



蛇口がモゲました。
シャワーが不可になりまして、蛇口からしか出ません。
何とか修理しようと頑張ってます。


宮崎に来て約一週間。

未だに落ち着かないからなのか、朝6時には目が覚める。
でも今日は二度寝に勤しんだ。
体調が戻らない。

昨日などは声変わりか?くらいに声が裏返ってしまい、そんな声で稽古に望んだ
事がない俺は相当に焦った。
体調管理は基本なのに言い訳のしようもない事だ。


昼まで身体を休めて稽古に向かう。

今日は時間を見て永山さんと役柄について話をした。

シーンにおいての役割や
物語全体においての役割。
ラストシーンのイメージや、永山さんがこの芝居にかけている想いまで。

実の多い話だった。
「解けた!」と思えたかと言われると×で、
更なる迷宮の中に入ったと言った方が良いだろう。

でも、得体の知れない霧に包まれた山を登る気持ちだったのが、
「あれが霧なのね。あれって危ないのね」と理解して登り始めた感じはある。

霧は深い。

でも、霧は危ないから気を付ければ良いんだと解った今日の稽古はとても有意義
でした。



なんだそりゃ
[PR]
by rawworks | 2009-01-23 23:31 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 6日目
e0149261_0363279.jpg


今日の稽古は、例の3ページ長台詞から。

何とか台詞は入ったのだが、永山さんから次々に課題を要求されると
悲惨かな、散々な結果になる。

しかし永山さんは容赦なし。
例の如く怒濤の返し稽古は続くのだった…

役者を始めてから今まで、恐らく今日ほど屈辱を感じた日はなかった。
完璧とは言えないまでもある程度は自信を持っていたシ―ンでの惨敗。

まさに散々な稽古だった。

稽古が終わった後は、ただ呆然と無力感だけを感じていた。


この時間になって、やっと少しだけ前向きになれた。
ココに来て本当に良かったと言えるように、明日からも全力で挑もうと思います。
[PR]
by rawworks | 2009-01-22 00:35 | W61S
「女の平和は、宮崎産」 5日目
e0149261_0334375.jpg


『劇団こふく劇場』の千春。通称チハ。

超が付く天然娘。
シャッターを切った瞬間が解らなかったらしく、キメ顔~ダラダラ顔に移行する
微妙なラインです。

どっちかにしやがれ。


今日の稽古は、14時~18時まで。時間が短い分集中して。

永山さんが提示するアイディアから作品全体の設計図を想像して、
更にその一歩先をイメージする。

最初に脚本を読んだ時に(コレは一筋縄では行かない)と予想はしていたけど、
やはりコレは手こずりそうだ…
しかし逃げ腰になるわけにはいかない。まだまだ戦いは始まったばかりなのだ。


夜はやっとこさ編集に取り掛かる。
ちょっと問題が出て明日には新しく編集した映像を長崎に発送しなくちゃならな
いのだ。

とは言え体調管理が第一。
無理はせず早めに休むとしよう。
[PR]
by rawworks | 2009-01-21 00:32 | W61S



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks