「女の平和は、宮崎産」 7日目
e0149261_2330996.jpg



蛇口がモゲました。
シャワーが不可になりまして、蛇口からしか出ません。
何とか修理しようと頑張ってます。


宮崎に来て約一週間。

未だに落ち着かないからなのか、朝6時には目が覚める。
でも今日は二度寝に勤しんだ。
体調が戻らない。

昨日などは声変わりか?くらいに声が裏返ってしまい、そんな声で稽古に望んだ
事がない俺は相当に焦った。
体調管理は基本なのに言い訳のしようもない事だ。


昼まで身体を休めて稽古に向かう。

今日は時間を見て永山さんと役柄について話をした。

シーンにおいての役割や
物語全体においての役割。
ラストシーンのイメージや、永山さんがこの芝居にかけている想いまで。

実の多い話だった。
「解けた!」と思えたかと言われると×で、
更なる迷宮の中に入ったと言った方が良いだろう。

でも、得体の知れない霧に包まれた山を登る気持ちだったのが、
「あれが霧なのね。あれって危ないのね」と理解して登り始めた感じはある。

霧は深い。

でも、霧は危ないから気を付ければ良いんだと解った今日の稽古はとても有意義
でした。



なんだそりゃ
[PR]
by rawworks | 2009-01-23 23:31 | W61S
<< 「女の平和は、宮崎産」 8日目 「女の平和は、宮崎産」 6日目 >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks