「女の平和は、宮崎産」 初日
e0149261_0173095.jpg


共演の濱砂君。
ちょっとウザい感じが楽しいヤツです。


早朝6時に出発。
宮崎までの道のりは6時間弱。1ヶ月間の旅が始まった。


13時半頃、宮崎に到着。
前にワークショップで来たのが6月か7月だったから、半年ぶりなのか、
何だか懐かしい気がするのが不思議だ。


稽古場である宮崎県立芸術劇場に到着して、
諸々の事務連絡をやった後、すぐに稽古開始。

キャスティングが決まってから初の稽古だが、
演出の永山さんのスタイルなんだろう、色々な実験的な試みが繰り返される。
稽古中は常に笑いが絶えない。
初日の稽古は19時過ぎまで続いた。


稽古後は皆で飲みに。
世代やら経歴やらを感じさせない話が楽しい。
みんな芝居(が)好きなんだな、と感じるこのユニットは素敵だなぁ


解散後、宿泊先であるマンスリ―に移動して、セッセと荷物を運ぶ。
持ち込んだ編集機材は段ボール8つくらいになったので、
エッチらオッチら編集システムを構築。

0時過ぎ、泥のように爆睡した。
初日は写真を撮りに行く体力はなく、今日の写真はちょっとウザい感じですがお許し下さい。
[PR]
by rawworks | 2009-01-17 19:10 | W61S
<< 「女の平和は、宮崎産」 2日目 a barricade >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks