人気ブログランキング | 話題のタグを見る
「ワーク・イン・プログレス九州」 福岡ワークショップ
「ワーク・イン・プログレス九州」 福岡ワークショップ_e0149261_1624594.jpg



4月8日~10日まで、三日間の福岡ワークショップが終わりました。


スケジュールを作った時点で覚悟はしていたものの…
9時~22時までぶっ続けのワークショップは流石にハードでした。

自分が作ったスケジュールなれど
ただひたすら俺と演出の永山さんと演出助手の
山下キスコ君の集中力が持つことを願った三日間でした。


一回2時間のワークショップ。

「脚本も構想もアイデアもまだ何もありません。」
と言い切る演出家 永山智行。

その俳優が背負っている人生をヒントにワークショップの内容が
決まっていく。

当たり前だけどそれぞれが背負っている人生が違うので
ワークショップの内容は全員違う。

即席ワークショップ7連発。
永山智行氏の気合と覚悟。


俳優と俳優、
そして俳優と演出家が出会うことで生まれる
空気感というものがあるのなら、
今回はそれを目の当たりにしたワークショップでした。

特に俺は殆んどの方が初対面だったので、
本当に舞台上で出会ったのです。

あの[人と人が出会う空気]は本番では違うものになるはず。

この瞬間を肌にしっかりと刻みつけておこうと思った時間でした。


9日夜は初顔合わせ飲みへ。

それぞれの俳優が気になるのは
やっぱり他の俳優が[何をやっているのか]という部分だろう。

しかしそれは多分観る必要がない。
それぞれ違う人生なんだから他人の人生を観たところで
何の意味もないのだ。


しかし…こうして半分終わってみると、
俺の想像を越えたものが立ち上がった感じだ。

中にはワークショップ終了後に 誰も言葉を発しないものもあった。

言葉はそこで完全に無意味だった。
そこに言葉を超えたドラマが生まれたのだ。


この「ワーク・イン・プログレス九州」は、
多分俺の人生で二度と体験出来ないライヴになるだろう

きっと凄いことが起きる


福岡でのワークショップが終わり
俳優が居なくなり演出家が居なくなる。

再び何もない空間になった稽古場を見ながら
演劇の始まりに想いを馳せたワークショップでした。


明日からは宮崎だ。
by rawworks | 2011-04-11 16:33 | iPhone
<< 都城に着きました 明日、稽古開始 >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks