tuning23-7
e0149261_1513087.jpg





JB23関連の検索が多いので、たまにはクルマ系のことを。

先日取り付けたオイルキャッチタンクです。



e0149261_1515463.jpg




怪しいですね~

元々はレース用の部品で、レース中にエンジンブローした時に
オイルをコールにばら撒かないように装着するものですが、

以前プラグ交換した時にブローバイガスが多かったので、
その対策に取り付けました。

これですね。



e0149261_1517589.jpg




このブローバイガスはホースでエアクリーナーなどに戻されるようになっているそうで、
再燃焼させることで大気放出を避けている仕組みになっているそうなのですが、
戻されるガスなどは、すべて燃焼されるわけではないそうです。

ガスの一部は液化してしまい、インテークパイプやインテークマニホールドに付いて
まぁ色々あって、吸入効果や燃焼効率が低下するといった原因にもなったり、
黒煙の増加にも繋がるらしいです。

それを防ぐために、ブローバイガスをエアクリーナーなどに戻すホースに
オイルキャッチタンクを咬ませるわけです。



e0149261_15295591.jpg




インテークマニホールド側




e0149261_15303757.jpg




エアクリーナー側



e0149261_15305743.jpg






取付け完了




e0149261_15323171.jpg





実はこのタンク、取付けてから2~3ヶ月くらいで本体のシール部分に不具合が出て
(きちんと密閉されてなかった。つまり製品の作りが雑だった。)
ホースからオイルがダダ漏れしてた・・・

今は取り外してシールしたので完璧。
オイルがダダ漏れしてたことから、効果はあるらしい。


ちなみにこのホースは、耐熱耐油性の工業用ホース。
ちょっと高かった記憶があり。


これで少しでもエンジンの寿命が延びることを祈る。
[PR]
by rawworks | 2010-05-09 15:39 | 整備
<< a drop 居留守です >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks