<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
その永遠の一秒を
e0149261_4254647.jpg


僕が映像カメラマンの師匠と呼んでいる林哲治さんの
映像制作会社AVIX。

こちらのホームページが出来たそうです。

これから結婚式を挙げる御予定の方、
もし宜しければ一度ご相談下さいませ。

映像のクオリティは僕が100%保障致します。
師匠の映像に対する妥協なき探究心は僕自身ビックリしますし、
何なら僕を指名して頂ければ僕が撮影に参りますし。

親身になって新郎新婦の為に心を尽くしてくれる方です。
是非一度御覧下さい。

映像製作AVIXのホームページ
[PR]
by rawworks | 2011-09-21 04:34
RAWWORKS次回公演
e0149261_8192962.jpg



『prayer/s本公演(仮)』

・作/演出 永山智行(劇団こふく劇場)
・出演   川内清通ほか
※2012年5月末からツアー開始予定

『フォージョーキ(仮)』

・作/演出 河野ミチユキ(ゼロソー)
・出演   あべゆう(劇団こふく劇場)
      川内清通


2012年は『prayer/s』満を持しての本公演と、
ゼロソー河野ミチユキ氏による、あべゆうとの新作二人芝居!!

続報をお待ち下さいませ!!!
[PR]
by rawworks | 2011-09-16 08:23 | 演劇
ハキダメのうた
e0149261_6255647.jpg



少し前のコトで恐縮。
トレロカモミロ「ハキダメのうた Re-birth」を観ました。

大分の劇団は演劇集団P-nutsで初めて観て2つ目だったのですが、
演劇集団P-nutsさんとは対極なアウトロー魂漂うトレロカモミロさんでした。

冨士山アネットWSの打ち上げ参加を犠牲にして大分まで行ったのですが、
行って良かった面白かった。

主宰のkazumaritchieさん(何とお読みするのか未だ不明)は
いわゆる[舞台俳優的俳優]に余り興味が無いようで出演している俳優は明らかに
演劇と縁が無さそうな方もいらっしゃったようです。

稽古はハンパなく積んでいるのでしょう。
演出に[舞台に立つための訓練]をされて立っている姿が印象に残りました。

そしてコレは舞台俳優らしさを嫌う理由なのでしょうが、
舞台上に居る俳優がすごく無理のない姿で立っていた。
(舞台俳優として無理のないという意味でなく、人として無理のない姿で)

舞台俳優はどうしても舞台上で独特の動きや台詞回しをしてしまうモノです。
それは良い場合もあるのですが、嘘に見える場合も多い。

要は自覚があるかどうかなのですがその自覚がない、もしくは自覚していても
抜け出せない俳優が多いのですからコチラの主宰が舞台俳優らしさを嫌う理由も
理解出来ました。


ハコはキャパ50くらいのライブハウス的な会場で、
今回の芝居は会場ともとても良く合っていましたね。
逆にこれ以上のキャパになると演出が作りたい空間を外れてしまうのでしょう。

Re-birthという名のように人間の再生物語。

上手いとは違う面白い吸引力を持った俳優が多くて楽しめたのですが、
中盤少し物語が失速してしまったのが残念でした。

それは2人の旅行者が部屋に帰ってきたトコロ。
2つの物語が繋がって、キャラクターの過去などが語られる部分で
説明調になってしまって、それ以前のダメダメ人間達の宴が
一気に失速してしまった感じがしました。

そして幕間。
捕まってしまう2人が自分達で手錠をハメるのは違和感があった。
それは演劇の嘘ではなく演出の都合だからだろう。


しかしまぁこんなおかしな(褒めてます)集団を今まで観たことがなかったのが
俺残念な野郎だ。

脚本の言葉選びとか巧みで面白くこれから更に面白い世界を見せてくれる
集団だろう。
何となく勘なんだけど、数年後に演劇を何かの方法で超えてしまう集団になるんじゃ
なかろうか。そんな期待をしてしまう。

監禁男のハマリ具合と、監禁され女の切れップリが良かった。

また観に行こう。
[PR]
by rawworks | 2011-09-16 07:08 | X2
Cargo終了致しました。
e0149261_0443182.jpg

e0149261_044419.jpg



F's Company『Cargo』終了致しました。

長崎はもとより九州各地から御来場いただきました。
本当にありがとうございます。

個人的に感想を聞いてみた印象は、賛否両論分かれているように感じます。
前作『ワレラワラルー』とのフレ幅の違いに驚かれた方も多いようです。

アンケートには「よく解らなかった」と書かれた方が多かったようで、
どんどん進んでいく時間とか、逆転したり複雑化する人間関係、
そしてその殆どが何の説明もされないままに進んでいくので、
僕がもし観客の立場でも「よく解らない」と言うだろうなぁと思います。

もちろんそれはある種狙っていたと言えることなのですが、
まだまだ完成形ではなかったのだろうな、とも思っている現在です。


色んな場所で僕は「『Cargo』は新生F's Companyの第一作目だと思う」と
書いていました。
それは大部分が肯定的な意味で使っていますが、僕の中には若干の疑心的な意味もあります。
新生だからこそこれからどうなるのかがそれからの作品に掛かっていると思っています。

私達が目指す演劇とは何なのか。
これから5年間でどんな作品を生み出すのかが重要なのだと思います。
[PR]
by rawworks | 2011-09-14 01:02 | 演劇
いよいよ来週末!そして彼らは文明を模倣する
e0149261_13433647.jpg


F's Company PRESENTS 『Cargo』

作・演出 福田修志
出演:川内清通/松本 恵/末永 都/田中俊亮/岡本匡史/宮本未貴/横尾 聡


古来の教えや習わしを守ってきた村『ソル』
精霊を信じ自然と共存するその村に
異国から文明がやって来た

村の生活は一変した
信じていたものが覆され
信じられないものを信じるようになった

そして文明は去った
残されたのは コンクリートの建物と ごみの山

ある者が言った
「あの異国からの文明は我らの祖先の贈り物だ」

そして彼らは文明を模倣する
いつか来る『Cargo』の到来を待って・・・


●長崎公演●

【日時】
2011年9月10日(土) 19時開演
     9月11日(日) 14時開演


【チケット料金】  ※全席自由・日時指定
一般     前売     \2,000 (当日 \2,500)
大学生以下 前売    \1,500 (当日 \2,000)

【会場】チトセピアホール

【チケット取り扱い】
フーズ・カンパニー事務局
  ticket@fs-company.com、 Mobile:090-8415-7400 (松本)
浜屋プレイガイド  TEL 095-818-2230
くさの書店(西友道ノ尾店)  TEL 095-857-2560
[PR]
by rawworks | 2011-09-02 14:50 | 演劇



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧