カテゴリ:演劇( 50 )
『prayer/s』 稽古1 鹿児島編
e0149261_1135112.jpg





一瞬、迷いました。


4月20、21日と『prayer/s』稽古の為に鹿児島に行っていました。

来たぜ、鹿児島まで。
『ワーク・イン・プログレス九州』という
文字通り九州を走り回る芝居作りになっております。


前回まではワークショップだったので、
今回が稽古開始となったわけですが、
ワークショップの濃密さゆえに不思議な感じでしたね。
もう一ヶ月くらい作ってなかったっけ?みたいな。


稽古は作、演出の永山さんが書いてきたテキストを基本に進んでゆく。
今まで全くテキストが無かったこともあって
何か芝居を作ってる感じ(?)がしました

永山さんが書いてきた、多分これまで読んだことが無いようなテキストを
読んだことが無いような読み方で提案される俳優たち。

演技という縛り。
俳優以前の人間としてのリアル。

今回の稽古で解ったのは、本番で形作られるだろうこの芝居の
最終形が全く想像出来ない、ということか。
まぁそんなのは考えるつもりもない。


その瞬間、その瞬間で感じることを素直に感情としての表現に繋げていく
表現者として必要以上の責任を背負わない


よく「演技に正解はない」と言われますが、
通常の演劇創作現場では、「それなりの正解らしきもの」はあるような気がします。

正確には「正解だと思い込んでいるもの」ですが、
それは脚本という設計図があり、集団創作作業なのですから
必要なことです。

しかし今回ばかりは本当に正解がありません。

俳優の人生を出発点にした脚本、
そしてそれぞれの人生を背負った人々が出会う場所としての舞台が
この『prayer/s』の基本ですから、

僕も含めて俳優としてこの作品に接した人は、
「人生には答えが無い」という誰でも知ってることを
身をもって感じることになるのでしょう。


稽古場に居るのは、俳優2人と
演出家1人と演出補佐1人。

世界の大きさ、宇宙の壮大さからすれば
もの凄く小さな世界で作られている作品ですが、
その先にあるものは紛れも無く宇宙であり世界です。

この作品が行き着くところが本当に楽しみです。
それはきっと人生を楽しもうと思う気持ちと同じなのでしょう。


絶望も妬みも痛みも快楽も安らぎも全て抱えて、いま、ここに、いる。
そんな人々の出会いを観に来ていただければ幸いです。

あなたと出会えることを何よりも楽しみにしています。
[PR]
by rawworks | 2011-04-23 14:32 | 演劇
いまから鹿児島へ
e0149261_1295485.jpg




昨日から始まってます、F's Companyのナンコインウィーク

毎日日替わりで色々企画をやってるみたいですね。
未就学児OKとか、福田修志だけが何かやる日とか、飲食OKの日とか。

僕は今回チラシデザインと、22日に一日だけ出ます。
確か前説と客席参加型演劇と、フリーエチュードだけのはず。

最近台詞喋ってないからなぁ~
フリーエチュードとか心配です。ちゃんと喋れるかなぁ・・・


しかしこのチラシの適当さ加減が・・・

俺もっとデザイン上手くなるよ、みんな。


さぁ今から鹿児島に出発です。
なんせ遠いのでETC深夜割引使わないとね。


鹿児島の皆さん、待ってて下さいね。

そして長崎の皆さん、「ナンコインウィーク」観に来て下さいね。
[PR]
by rawworks | 2011-04-20 01:38 | 演劇
『ワーク・イン・プログレス九州』 正式タイトル
e0149261_11582037.jpg





RAWWORKS presents

『prayer/s』※ワーク・イン・プログレス公演


作、演出 永山 智行

出演 川内 清通、酒瀬川 真世、秦 かよこ、上野 敦子、田中 克美、川口 大介

     椎木 樹人、湯田 葵、岩元 恵理、福薗 宏美、米山 和宏、松岡 優子、塚原 政司


演出助手/山下キスコ

制作/橋本理沙



福岡公演 2011年5月16日(月) 18:30、21:30
2011年5月17日(火) 19:30
会場:Konya gallery
〒810-0041福岡市中央区大名1-14-28第一松村ビル201+202


長崎公演 2011年5月30日(月) 19:30
会場:宝町ポケットシアター 〒850-0045長崎市宝町5-25-2F

チケット 全席自由・日時指定
       予約1,000円(当日1,500円)

チケット予約 メール:rawworks.kawachi@gmail.com
          電話:090-1194-8789(川内)


開場は開演の20分前。未就学児は入場不可。
尚、当公演は演出の都合上、途中入場はお断りさせていただいております。
ご了承下さい。

※ワーク・イン・プログレス公演とは、
途中経過を発表する実験的な演劇公演です。
今回上演する作品を元に2012年本公演を上演致します。
[PR]
by rawworks | 2011-04-18 03:53 | 演劇
明日、稽古開始
e0149261_024262.jpg




いよいよ明日、福岡から『ワーク・イン・プログレス九州』の稽古が
始まる。

去年の1月から密かに動き始めていたこの企画が
とうとう始まるのかと思うと何だか感慨深い。


これからの2ヵ月は、
これまでとこれからの生き方を見つめることになるだろう。

新たな出会いに期待膨らむ夜。
そして身震いするほど恐ろしい夜。


明日から一週間、福岡→宮崎に行っておりますので
次の更新は一週間後になるかと思います。

ではまた。
[PR]
by rawworks | 2011-04-08 00:32 | 演劇
2年ぶり
e0149261_0203165.jpg



e0149261_0204376.jpg




e0149261_0205455.jpg




2年ぶりに訪れた八千代座。

ココに居る人達は、僕を覚えていてくれたような
全然覚えてないような。

そんな適当な感じも心地良い。
[PR]
by rawworks | 2011-04-08 00:22 | 演劇
ワーク・イン・プログレス九州  
e0149261_034784.jpg





演劇は戯曲からはじまらない。
演劇は俳優からはじまる。
俳優の人生からはじまるのだ。

俳優は劇作家を挑発し、
演出家は俳優と闘う。
そこから生まれる新たな兆し。      永山智行



そしてここに13人の俳優が居る。
全員が舞台に立つのか。
何人が舞台に残るのか。
確かなことは洗練された演技などここには要らないということ。
ここに残るのは一人の人間が持つリアリティだ。

僕が受け止められるほんの少しの現実を手に
到達点の見えない旅がいま始まる。         川内清通



RAWWORKS presents 『ワーク・イン・プログレス九州』


作・演出/永山智行<劇団こふく劇場>

出演/川内清通

出演予定/12人の九州で活動する俳優(長崎、福岡、熊本、鹿児島)

演出助手/山下キスコ<演玩カミシモ>

制作/橋本理沙<万能グローブ ガラパゴスダイナモス>


実験公演/2011年5月下旬福岡市内、長崎市内で上演予定
[PR]
by rawworks | 2011-03-26 00:38 | 演劇
『ワーク・イン・プログレス九州』ご応募締め切りました!
e0149261_23553341.jpg





『ワーク・イン・プログレス九州』、ご応募を締め切らせて頂きました。

「一人とか二人だったらどうする?」と話していたのですが
蓋を開けてみれば予想を遙かに上回るご応募を
頂きました。

ありがとうございます。

これから稽古が始まり、5月下旬には
面白い舞台を作り上げます。


実を申せば、僕は[実験的な演劇]が嫌いです。

「実験で金を取るな」と思ってしまう遊び心のない性格なのでショウがないのですが、
それでもこの公演が[実験的な演劇公演]と銘打っている以上、
時間とお金を使ってもらう価値のある実験をしたいと思っています。

これからが全ての始まり。

いざ出陣。
[PR]
by rawworks | 2011-03-03 00:03 | 演劇
ワークインプログレス九州 締切迫る!!
e0149261_11151758.jpg






『ワーク・イン・プログレス九州』


・作、演出/永山智行
・出演/川内清通、九州で活動する俳優経験のある方
・募集人数/男女合わせて5名程度
        (応募多数の場合は、書類審査、オーディションを行います)
・稽古期間/2011年4月~5月(詳細は、参加俳優と相談して決定)
・実験公演/2011年5月下旬(詳細は、参加俳優と相談して決定)
・本公演/2012年予定


九州全域から俳優を募集するRAWWORKS主催のプロデュース公演です。
ワーク・イン・プログレス=途中経過を発表する実験的な演劇公演、のこと。

脚本・演出を担当していただく永山智行氏は、
財団法人宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターであり、
『水をめぐる』、『水をめぐる2』を生み出した宮崎の雄、劇団こふく劇場の
代表。

この企画の特徴は、稽古時間と稽古場所を俳優と相談して決める、
ということです。

そう、稽古時間も場所も俳優の都合に合わせることが出来ルンです。
なんて親切企画★

ワーク・イン・プログレスを終了したのち、
俳優を選抜して本稽古に入ります。
(ワーク・イン・プログレスに参加する俳優全員が本公演に参加出来る
 という意味では御座いません)

そして2012年。ツアーを前提にした本公演を実施。


実験的な公演から本公演まで1年間かける
ロングスパンの面白企画です。

応募方法は、九州各県の劇場等の配布している
このチラシの裏面が応募用紙になっていますので、
そちらに必要事項をご記入の上、ご応募下さい。

長崎ですと、長崎ブリックホールにあります。
ご応募は、2011年2月28日(月)必着です。

ご応募お待ちしております!!!
[PR]
by rawworks | 2011-02-28 00:39 | 演劇
感謝
お薦めステージ紹介ポータル「CoRich舞台芸術!」九州版の
週間注目公演ランキングで、

『素敵じゃないか』が一位になりました!
有難いことです。
これはまた枝光に行けってことですね。

めっちゃ嬉しい。
ありがとうございます!
[PR]
by rawworks | 2011-02-09 09:54 | 演劇
『素敵じゃないか』北九州公演 終了しました
e0149261_020875.jpg



e0149261_0502143.jpg



本日無事に『素敵じゃないか』全公演が終了しました。

一番心配していたチケットの売れ行きも
kiaya505の北村功治さんや、のこされ劇場≡さんや
北九州お手軽劇場さんの御協力、

そして枝光本町商店街アイアンシアターを支えている枝光商店街の皆様の
おかげで沢山のお客さまに御来場いただきました。

両日とも用意していた座席をほぼ埋めることが出来まして
本日千秋楽では急遽座席を増やすほどの盛況ブリとなりました。ありがたい限りです。

たじま氏の脚本がよく売れたのも嬉しかったですね。
劇作家にとって本が売れるって凄いことですし。

小学生の女の子が
「すごくおもしろかったです」とアンケートに書いてくれたのは
涙が出そうになりました。



枝光本町商店街という街は、もう僕にとって「劇場をある街」ではなく、
もうひとつの故郷のような気持ちです。
めちゃくちゃ通いましたしね。

「必ずまたココで公演を打とう」と思う劇場は少ないですが、
枝光本町商店街アイアンシアターは僕にとって、そんな特別な劇場です。

ひとまず。


広報面で多大な御協力をいただいた北村功治さん、
戯曲評を書いていただいた泊篤志さん、
照明プランを考える上で多大な御協力をいただいた友永貴久さん、
照明や音響の仕込みやオペで朝早くから夜遅くまで手伝ってくれた寺下ちゃん、
枝光本町商店街への挨拶回りに付き合ってくれた篠原さん、
お願いごとを色々聞いてくれた今村さん、
ハスキーボイスが魅力的な飯野さん、
残念ながら本番では会えなかったけど制作面で協力してくれた小笠原さん、
快く僕らを迎えてくれた市原さん、
沢山の焼き鳥や焼き芋を差し入れしてくれた上に
公演を観に来てくれた片岡のおじちゃん、
レジの横にチラシを貼ってくれて、いなり寿司をサービスしてくれた
鶴亀蕎麦の大将と女将さん、
山口県でチラシを配布してくれた山口大学演劇部の森本さん、
ホーム長崎で僕らを支援してくれたF's Companyのみんな、

そして誰よりも御来場いただいた皆様に感謝を言葉を述べさせていただきたいです。
本当にありがとうございました。

また参ります。
[PR]
by rawworks | 2011-02-07 01:03 | 演劇



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧