カテゴリ:GX100( 24 )
日回り
e0149261_355790.jpg



明日から北九州へ向かいます

打ち合わせとか劇団こふく劇場の『空の月、胸の石2011』を観たりとかですが、
考えてみたら久しぶりの北九州です

ここ数日胃痛の原因になっている今回の打ち合わせですが、
しっかり考えて、丁寧に答えていこうと思います


『空の月、胸の石2011』は、これはもう是非観て下さい。
ナンなら僕に言って貰えたらチケット取りますから。
メンバーさんに知り合いは居ませんが電話してでもチケット取りますから。

是非是非。

観ていないので絶対とは申しませんが、面白い座組みなのは
一目瞭然。

以前も紹介させていただきましたが、
再度紹介をさせていただきます。


劇団こふく劇場プロデュース公演♯18 若い俳優たち、集まる、の公演@九州

『空の月、胸の石 2011』
昨日わたしも25になった。そろそろ手紙を書いてみようか、あの月に・・・
とある高校の演劇部員たちの8年ぶりの再会を
ロスタンの名作『シラノ・ド・ベルジュラック』を下敷きに、詩のように、そして音楽のように描きます。

1995年10月に初演し、翌96年に日本劇作家協会新人戯曲賞の最優秀候補作になった
『空の月、胸の石』。2005年に再演し好評をいただいたこの作品を、今夏、九州や東京で
活躍中の若手俳優たちをキャストに迎え、新たな演出で上演します。



作・演出=永山智行

出演=大浦愛、下水流いつみ(フリー/宮崎)、田原遥海(フリー/宮崎)、
餅原奈々(劇団25馬力/宮崎)、中川裕可里(飛ぶ劇場/北九州)、
横山祐香里(万能グローブガラパゴスダイナモス/福岡)、
でく田ともみ(エビビモpro./東京(宮崎出身))


◎北九州公演
8月20日(土)  14:30~/18:30~
8月21日(日)  13:30~
(開場は開演の30分前)

会場:北九州市立旧百三十銀行ギャラリー
一般   ¥2,000 (当日¥2,500)
小中学生 ¥1,000 (当日¥1,000)
※未就学児入場不可
日時指定全席自由

※20日14:30/21日13:30の回の前売り券は完売したようです。
観劇予定の方はお早めに。
[PR]
by rawworks | 2011-08-19 04:08 | GX100
九州演劇人サミット
e0149261_19323012.jpg


九州演劇人サミットに行って来ました。

開催前から「これから九州演劇人サミットは何処を目指すのか?」と
色々話がありましたが、
僕も【演劇界】という実体があるような無いようなモノについて
ずっと考えておりましたので、その方向性には興味がありました。

実際に拝聴してみて
今回は、より幅広い世代を対象にした内容になったんだな、と思いました。

なので内容も九州各県での演劇を取り巻く状況(劇場、劇団数、観客動員数など)に
ついての話が中心になっていました。

それに九州戯曲賞の話や、これから各演劇人が目指す展望などにも触れていて、
これから演劇をやってみたいと思っている若者や、
何を目指せば良いのか、何をやったら良いのかを悩んでいる演劇人にとって
とても有意義な企画だと思いました。

そして、金の話が出て来たのが良かった
創作には金が要るのだから切実な問題だし、そこは是非聞きたい。


現在の九州演劇人サミットの方向性は良いと思う
それは一般に広く開かれている【公開された演劇人サミット】である訳だし、

以前と同じような内容の質疑応答があったことも
今年初めて参加する人だっているのだもの、そらそこから始めるのが正しいと思う

ただ、その質疑応答は時間が掛かるので
もう少しサミットの時間自体を長く設定出来ないかなぁとも思う

例えば第一部は九州の現状を話し合う時間に使って、
第二部はもう少しマクロ的な日本の演劇界全体から観た九州の話が出来たら、とか思った。

会場の問題とかパネリストのスケジュールとか色々あるだろうから
難しいのだろうとは思うけれど、折角一年に一度九州の演劇人が一同に集まるのだもの

ココでしか出来ないこと、聞けない内容にもっと
時間を割いても良いのではないか、と思った。

アーティスト・イン・レジデンスについてとか、劇場法の動向とか、
アーツカウンシルに関する話などにも触れた
【現在日本で話題になっている事案】についての話が出来たら有難いと思った。

実際、PO、PDは誰が適任なのか?とか、具体的にこういう人を採用してこういう事例があるとか、
そういう話を九州で聞くことが出来たらとても有意義だと思うのです。


僕は九州演劇人サミットの前に開催された
いわゆる【裏サミット】にも出席させて頂いたのですが、こちらも面白かった。

それは非公開だからこそ話せる内容があったり、
今自分が求めている話を聞く場として有難かったという意味が大きい。

九州演劇人サミットも、大学生サミットも裏サミットも
それぞれ扱っている(または扱える)内容が違うのだから、
これからも同時に開催して欲しいと思う。

現在九州で活動している演劇人は、様々な悩みを抱えていると思う。

それは年齢によって、経験によって様々な【段階】で悩んでいると思うので、
その【段階】によって色んな企画が生まれるのは大歓迎だ。

そしてそれぞれに悩みを抱えた演劇人が
地方で演劇創作をやり続ける希望や勇気を貰える場所として
九州演劇人サミットが開催され続けることを切に願っています。
[PR]
by rawworks | 2011-07-25 01:03 | GX100
空とか犬とか石とか何とか
e0149261_1435659.jpg



今週末は『prayer/s』に出演してくれた岩元恵理さんと湯田葵さんの
演劇ユニットノヴァの刺身の公演。

そして『prayer/s』の作・演出を担当していただいた永山智行氏の
劇団こふく劇場の公演です。


こふく劇場の「空の月、胸の石 2011」は北九州公演に行く予定ですが、
ノヴァの刺身は行きたい!が仕事次第だなぁと未だチケット予約出来ずにいます・・・

『prayer/s』を御覧になっていただいた方ならノヴァの刺身の
女優が解るでしょう・・・か?
暗くて誰が誰か解らなかったかもしれませんが

彼女らの魅力は何と言っても人を惹きつける力です

恐らく舞台上で、ココにしか生存出来ない生きているモノとして
存在しているでしょう

是非御来場下さいませ



演劇ユニットノヴァの刺身「イヌと肉」

2011年 7月23日(土)19:00開演
7月24日(日)14:00/18:00開演 (3stage)

場所■■ 鹿児島市中央公民館
作 演出■ 岩元恵理
キャスト■ 湯田葵 白賀正嗣 川邉あゆみ 福迫久孝
大毛彩(劇団鳴かず飛ばず) 平岡京子(劇団鳴かず飛ばず)

現代日本、地方都市。
大学は出たものの、深夜レジのアルバイトをして暮らすいわゆるフリーター本田リコ。
ある日、ふとしたきっかけから自らが高校生の頃に遭遇した”事件”について思い出し、
自伝を書こうと決意する。やわらかな日々の記憶と、掘り起こされるあらたな事件。
時間と空間の錯綜する幻のなかで、リコはやがてひとりの少女と出会う。

独特の感性で観る者を揺さぶる演劇ユニット「ノヴァの刺身」。
人間の生と死 罪とゆるしを見つめるオリジナル作品第四弾

チケット■ 山形屋プレイガイド、十字屋クロス、鹿大生協、メールフォームより発売中!
【全席自由】前売1000円 当日1200円(学生割200円引)
※学生割をご利用の場合は前売・当日ともに学生証の提示が必要です。
※未就学児の入場不可。


劇団こふく劇場プロデュース公演♯18
若い俳優たち、集まる、の公演@九州「空の月、胸の石 2011」


作・演出 永山智行

出演 大浦愛(こふく劇場)、下水流いつみ(フリー)、田原遥海(フリー)、餅原奈々(劇団25馬力)、中川裕可里(飛ぶ劇場)、横山祐香里(万能グローブガラパゴスダイナモス)、でく田ともみ(エビビモpro.)


【三股公演】
会場:三股町立文化会館

日時:7月22日(金)19時30分~
23日(土)16時~

一般¥1800(当日¥2000)*小中学生¥1000(当日¥1000)


【北九州公演】
会場:北九州市立旧百三十銀行ギャラリー

日時8月20日(土)14時30分~/18時30分~
21日(日)13時30分~

一般¥2000(当日¥2500)*小中学生¥1000(当日¥1000)


※チケットのご予約、お問い合わせはこちらまでお願いいたします。


劇団こふく劇場
電話0986-26-6422
E-mail gekijo@cofuku.com
[PR]
by rawworks | 2011-07-20 02:25 | GX100
Adagio for strings.
e0149261_12584956.jpg




しかし何だろうな 俺は

どうしてこうもヘタクソかね
なんかイロイロ

少し楽になったと思えばこのザマ
このサマーでこのザマー


生きることが楽になる日は いつか来るのか
[PR]
by rawworks | 2011-07-18 13:06 | GX100
2年前の夕方
e0149261_2421390.jpg



の写真

最近またフジファブリックばかり聴いてます

『茜色の夕日』が今お気に入りで「しまぁったっ!」のトコが好き
相当しまぁったっ!んだろう


今更ながら『ワレラワラルー』を編集開始
ハイビジョンの3カメラマン3カメ撮影した甲斐があり、すこぶる美しい

3人のカメラマンそれぞれにとっての適正露出(明るさの感覚?)が違っていて面白い

明るめに撮影している人もいて、その芝居がその人にどう見えているのか、
どう見せたいのか、がよく解る

そんな僕が撮影した映像は暗め
あぁ性格が現れてるのか?

全部見える必要ないじゃん
闇は闇

そこに居た観客に見えるはずのない表情までカメラが収める
必要はない
[PR]
by rawworks | 2011-07-17 02:54 | GX100
故 GX100
e0149261_0492066.jpg





パソコンの中を整理していたら、今は無きGX100の写真達が沢山出て来たので
記念に全部載せてみます。




e0149261_047489.jpg







しかし本当に不思議。
あんな小さなボディの、どうしようもないくらい小さいCCDなのに、どうしてこんな写りをするのか。




e0149261_0486100.jpg





モデルチェンジしたGX200は、全くもって惹かれない。
前にGX200を触った時、オートフォーカスの速さに驚いた。

で、萎えた。俺どうして?


GX100の「ジージー」と、うるさくて死ぬほど遅いオートフォーカスが好きだった。
出て来る写真が凄く良かったから、それで十分。
オートフォーカスを早くしてどうする、みたいな。

俺、どうして?




e0149261_047227.jpg





今コンパクトデジカメ買うなら、GR-DIGITALⅡ。

コンパクトデジカメなのに、ズームが利かないって不自由さが最高。
「イイ写真は撮らせてやる。でも足を使え」って、何て素敵なんだ。




e0149261_0484242.jpg




しかし、GX100は好きなカメラだったなぁ。




e0149261_049413.jpg

[PR]
by rawworks | 2009-04-24 00:58 | GX100
不眠
最近不眠症を覚えました。

人生初体験なので、今は楽しんで居られるのだけど
流石に続くとヤバイなぁ。


写真は先日のブライダルからです。




e0149261_20133052.jpg

[PR]
by rawworks | 2008-12-24 20:14 | GX100
おやじ
e0149261_3511964.jpg

何を思う。
[PR]
by rawworks | 2008-12-13 03:52 | GX100
繋がれたペット達
e0149261_49548.jpg


やっと週末が来た。
あぁどれ程待ち望んでいたことか。


welcome!weekend!!

土日は缶詰です。
ブライダル編集が進んでいないんだ。
ってか、まだオープニングさえ作ってねぇ。

ヤバイぞ!ケツに火を付けろ!!
[PR]
by rawworks | 2008-12-06 04:13 | GX100
箱庭
exciteブログに乗り換えて、地味にランキングを気にしていた。

昨日遂に5000位以内にランクイン!
今日は何故か15000位!

よくわからん。


運動会編集は、無事に終了。
ちょい手直しがあるけど、まぁ寝るまでには終わるだろう。


本屋に最近行ってないなぁ。


e0149261_235043.jpg

[PR]
by rawworks | 2008-11-25 23:50 | GX100



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧