九州演劇人サミット
e0149261_19323012.jpg


九州演劇人サミットに行って来ました。

開催前から「これから九州演劇人サミットは何処を目指すのか?」と
色々話がありましたが、
僕も【演劇界】という実体があるような無いようなモノについて
ずっと考えておりましたので、その方向性には興味がありました。

実際に拝聴してみて
今回は、より幅広い世代を対象にした内容になったんだな、と思いました。

なので内容も九州各県での演劇を取り巻く状況(劇場、劇団数、観客動員数など)に
ついての話が中心になっていました。

それに九州戯曲賞の話や、これから各演劇人が目指す展望などにも触れていて、
これから演劇をやってみたいと思っている若者や、
何を目指せば良いのか、何をやったら良いのかを悩んでいる演劇人にとって
とても有意義な企画だと思いました。

そして、金の話が出て来たのが良かった
創作には金が要るのだから切実な問題だし、そこは是非聞きたい。


現在の九州演劇人サミットの方向性は良いと思う
それは一般に広く開かれている【公開された演劇人サミット】である訳だし、

以前と同じような内容の質疑応答があったことも
今年初めて参加する人だっているのだもの、そらそこから始めるのが正しいと思う

ただ、その質疑応答は時間が掛かるので
もう少しサミットの時間自体を長く設定出来ないかなぁとも思う

例えば第一部は九州の現状を話し合う時間に使って、
第二部はもう少しマクロ的な日本の演劇界全体から観た九州の話が出来たら、とか思った。

会場の問題とかパネリストのスケジュールとか色々あるだろうから
難しいのだろうとは思うけれど、折角一年に一度九州の演劇人が一同に集まるのだもの

ココでしか出来ないこと、聞けない内容にもっと
時間を割いても良いのではないか、と思った。

アーティスト・イン・レジデンスについてとか、劇場法の動向とか、
アーツカウンシルに関する話などにも触れた
【現在日本で話題になっている事案】についての話が出来たら有難いと思った。

実際、PO、PDは誰が適任なのか?とか、具体的にこういう人を採用してこういう事例があるとか、
そういう話を九州で聞くことが出来たらとても有意義だと思うのです。


僕は九州演劇人サミットの前に開催された
いわゆる【裏サミット】にも出席させて頂いたのですが、こちらも面白かった。

それは非公開だからこそ話せる内容があったり、
今自分が求めている話を聞く場として有難かったという意味が大きい。

九州演劇人サミットも、大学生サミットも裏サミットも
それぞれ扱っている(または扱える)内容が違うのだから、
これからも同時に開催して欲しいと思う。

現在九州で活動している演劇人は、様々な悩みを抱えていると思う。

それは年齢によって、経験によって様々な【段階】で悩んでいると思うので、
その【段階】によって色んな企画が生まれるのは大歓迎だ。

そしてそれぞれに悩みを抱えた演劇人が
地方で演劇創作をやり続ける希望や勇気を貰える場所として
九州演劇人サミットが開催され続けることを切に願っています。
[PR]
by rawworks | 2011-07-25 01:03 | GX100
<< でけた 非公認宣伝部長 >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧