つまり男のここ
e0149261_23483538.jpg


Stereo ArT 『つまり男のここ』を観て来ました

会場で偶然ハヤマンに遭遇し「おぉ久しぶり」な感じでしばし談笑
来年から外国に行くらしいハヤマン そんな葉山太司と再会しました


『つまり男のここ』ですが、まずホームを出ての公演は
大変だっただろうなと思う

俳優は勿論ですが、スタッフの苦労は大変なモノだっただろう
でもその甲斐はあったはず これからもガンガン出て行って欲しいと思います

内容ですが、『セカンドホーム』から
久しぶりに俊亮の本を観たのですが脚本が良いと思いました

僕は脚本の詳しい分析は出来ませんが
そんな僕でもテクニカルに洗練されていると感じました

そして俳優

これは渡邉さんの存在感が際立っていた
優れた俳優は場面によって自分の存在感を自在に操作出来ると思いますが
まさしく良い見本でしょうね

もう一つ観客としての願望を言わせて貰えるなら
もう一歩踏み出した渡邉さんを見たい、とこの場を借りて
渡邉さんに個人メッセージを送ってみる
(今回の座組みでソレが困難というか適していないことは重々承知の上ですが
観客はワガママなものなのですねぇ アハッ)

そして今回俺が観たStereo ArTで初めて俊亮が出演していたけど、
う~ん・・・そこは演出に徹して欲しかったなぁ

そこにはスケジュールの問題とか色々絡んでくるのは
解っているけど、客観的な眼が不足していると感じた

本の力が上がっている分、それを舞台上に乗っけた時の
全体に流れる空気感であるとかウネリであるとかが「う~ん・・・」と感じる

そしてブル-転換はブルーにして観客に魅せているのが効果的には感じなかった
締まるべき場面がちゃんと締まっているだけに
ブルー転換であっても意識が途切れるしダラっとしてる印象を受けた

その転換とかで場面が奇妙にゴチャ混ぜになっていくのは面白い
でもユウジの足が動くのとかやっぱり気になる


F's Companyの冠を外したStereo ArTなので
独立したイチ表現集団として、これから本当の評価が出て来るのだろう

母体となる劇団があるのとないのでは、製作の厳しさが半端なく違うと思う
多分ハタから観ている以上に今回は大変な公演だったはずだ

そんな気合十分のStereo ArTなのでコッチも今までとは違うという期待がバリバリだし
そしてこれからは更に大変な道のりだろうとも思う

しかしそれも期待される集団ゆえ

舞台を見つめながら、これからの展開が楽しみな集団だなぁと
思った楽しい時間でした
[PR]
by rawworks | 2011-07-11 01:37 | X2
<< 上 上に そうそうそこ 命日2011 >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧