Flowers
e0149261_142384.jpg





長崎ドラマリーディングの会
『ドラマリーディングの夜vo.4~インプラント その他の短編』を観てきた。

前回観た時はリーディングをどうみたらよいのか?を
凄く悩んだんだけど、今回は不思議とそれが無かった。

それは多分、作・演出のたじま裕一氏が【リーディングの観かた】を上手く誘導してくれている
からだろうな

僕はリーディング公演を見たことも出たことも少なく
今までリーディングが面白いと思ったことが多くないのですが
(これは僕の経験不足からです)
素直に面白い試みだと思えました。

役者がリラックスしていたこともあるでしょう。
たじま氏が全面に出ていたことがある意味最大に面白かった。

でも、(これはたじま氏にも話しましたが)
やっぱりたじま氏は出てない方が良かったですね。

どうしても演出にスキが出来てしまうし、
たじま氏が掲げるリーディング公演の在り方を突き詰めていくなら
役者の芸で魅せる部分は少ない方が良いのでしょう。


リーディング公演は、一般的に稽古数回で公演が出来るお手軽なモノ、と
思われているような気がしますが(僕の認識です)

実際、たじま氏も相当悩んで今のスタイルを
やっているんだろうと思いますし、
安易に手を出すと痛い目に合うのでしょう。
(トゥルポルタ頑張ってね)


役者にとって稽古数回で公演というのは
戯曲の面白さを最大限に引き出す点において相当に難しいと思います。

それは演出においても然りでしょう。

そういう意味では、たじま氏が本当に作りたいリーディングは
どの辺にあるんだろうか?と思いながら観ていました。


そして終始リラックスした状態で演劇を楽しめるというのは
良いですね。

僕はちょいちょいお客さんを観ていたのですが、
お客さんの楽しそうなこと、しかもリラックスしていたのが印象的でした。

長崎ドラマリーディングの会が提供してきた、
そしてこれから提供するだろうリーディング公演から
演劇を観るお客さんはとてもリラックスして演劇体験が出来るんだろうなぁ

それは間違いなく、当団体の功績でしょうし
これからも是非続けて欲しいと思います。

楽しい夜を有難うございました。
[PR]
by rawworks | 2011-06-27 01:34 | X2
<< 結界 凛 >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧