ランタンより落語
e0149261_22564923.jpg




最近の長崎は街中こんなです。


聖福寺を守ろう!チャリティー落語会
『三遊亭歌之介の世界』に行きました。

普段はナカナカ縁のない落語ですが、
河内家さんにチケットを頂いたので行くことが出来ました。
いつもいつも河内家さんにはお世話になりっぱなしです。


メチャクチャ面白かった。

三遊亭歌之介師匠、すげぇ。
笑い過ぎて腹が痛くなったのって久しぶり。
本当とんでもなく凄い人だ。

まだまだ持ち回るネタなんだろうから内容は明かせませんが、
近くに三遊亭歌之介師匠が来た方は行くべきです。
これを超える笑いを提供するテレビや映画はそうそう無いと思います。
絶対に行くべきです。

中でも面白かったのは、『爆笑龍馬伝』という新作落語。
坂本龍馬になぞって始まるのですが、ネタの数が半端じゃない。
しかもそれが全部面白い。

文字通り縦横無尽に話から話へと渡り歩くというか、
ひょいひょいと言葉世界を駆け回る姿は必見です。

河内家さんが「3秒に一回笑えるから」と言っていましたが、
嘘じゃなかった。
もう殆ど笑っていて、何が面白かったのか今では思い出せないくらいでした。

笑い過ぎて呼吸がヤバかったなぁ
本当呼吸困難になるか、と思った。



鑑賞後に河内家さんと飯を食いながら話していたのですが、
心の中は「何であんなに面白いんだ?」と究明するのに必死でした。

技というモノを魅せ付けられて
少し凹みましたね。
こんなにも造作なく爆笑を起こせる人が居るのか、と。

土俵は違えど、やはり演劇の世界でも
笑いって重要なモノだと思うし、笑いが取れる人は【間】が読める人な訳で、
何とかして師匠の尻尾くらい見てやろうと必死にネタを思い出しますが、
笑い過ぎてて思い出せない・・・

まぁこんな人が上に居るから
登り甲斐があるってモンです。



河内家さんも言っていましたが、
去り際がまたカッコイイ。

散々笑わせたあげくに、それを誇るでもなく
得意顔をするでもなく、サッとはけるその姿。

まるで毎日やってる仕事を上がるかのように
「それじゃ私はこれで」とでも言うような姿がカッコ良すぎるぜ。

俺が目指す方向、ココにあり。

最高の夜をありがとうございました。
[PR]
by rawworks | 2011-02-13 23:22 | iPhone
<< 降臨 ゼロソー飲み >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧