素敵じゃないか 対談
e0149261_131665.jpg






(こちらは『素敵じゃないか』のチラシに掲載している
作・演出のたじま裕一と、出演している篠崎雅と川内清通の対談です)


長崎公演を終えて一ヶ月。作/演出のたじま裕一と、
出演した篠崎雅・川内清通が語る二人芝居『素敵じゃないか』の可能性



川 内:え~と、長崎公演からちょうど一ヶ月経ったわけですが、
     まず長崎公演が終わってどうでしたか?
たじま:今回やってみて感じたのが、お客さんから幅広い感想を頂いたこと。
     例えばある人が凄く笑っているような場面で、ある人は悲しくて
     涙が止まらなかったと言われた。
     観る人の人生観が加わることで、観る人の生き方を写す鏡のような
     作品になった気がしたね。
篠 崎:私は今回扱っている内容が恋愛だったり家族だったりしたことも
     あると思うんですが、観て頂いた方から凄くパーソナルな意見を
     頂いたことが印象的でした。
     「自分はこうだったんだよ」とか普段口に出さないようなことを
     話してくれたりしたんですよね。
たじま:うん、恐らく友達にも話していないんじゃないかと思うような個人的なことを
     感想として貰えたのは嬉しかったね。
篠 崎:しかも、そういう風に観て頂いた方も居れば、作品に組み込まれている演劇的な
     仕掛けとかを純粋に楽しんでくれた人も居ましたね。
川 内:扱っているテーマとしては決してライトじゃないですよね。
     人が生きるとは?みたいな根源的なテーマがあるし、
     それはイコール性の問題でもある。
     だから僕はすごく怖かったですよ、受け入れられるのか?という部分で。
     でも舞台で演じている時にお客さんの尋常じゃない集中を感じた。
     そこは何でしょうか・・・脚本の妙ですかね(笑)
たじま:それはありがとうございます(笑)




e0149261_1312564.jpg






たじま:今日改めて初稿を読み返してみたんだよね。
     そしたら上演した最終稿と比べて
     削った部分が結構あった。でも核となる部分は全く揺らぎがなくて、
     初稿で書いた本の中から、核をノミで削り出していくような書き方をした
     作品だったんだなぁと思った。
川 内:結構削りましたよね、3ページくらい一気に削ったりして。そういう作業も含めて
     現場で作った感覚が強かったです。
     初日が開けてからも細かい手直 しが入っていたし、
     そういう意味でも僕が掲げている[演劇でしか出来ないものをやる]という
     テーマに合っていたと思います。
篠 崎:稽古のことを話すと、私は自分の頭が固くなっていることを凄く感じましたね。
     体力的な衰えもあったり(笑)特にコメディの要素が強い場面で20代の頃には
     普通に出て来たアイディアが出て来ない。そういう頭と身体を解していくのが
     今回の大きなテーマでした。
たじま:それは俺も同じ。本を書いてても台詞が弾む感じに出にくくなってるというか。
     ちゃんと今日的なものでありながら、アグレッシブなものを台本上に
     表出させていくのは作家としては楽しくも苦しい作業だったね。
川 内:長崎公演のチラシで対談した時に「10代のアグレッシブさを
     30代でやる」みたいなことを言ってましたけど…
     例えば、昔みたいに「頭で考えるな身体で考えろ」的な
     場面作りをしてても、10代20代の頃はもっと適当にやってた。
     でも役者として少しは経験をした30代の今やってみると、笑えるはずの場面でも
     笑えない人が居た。
たじま:そう、コメディを作る難しさってそれがあって傍から観てる人は笑えるんだけど
     当人には切実な問題なんだよね。
     そういう意味でも30代の俺らが作る意味があった。
     実際に経験したからこそ生まれる説得力があるだろうし、
     当時の自分を俯瞰してみれたからこそ作れたんだと思う。




e0149261_1314498.jpg





川 内:この前北九州公演の会場になる枝光本町商店街アイアンシアターに
     行ったんですけど、この劇場が凄く面白かったんです。
     劇場が街に溶け込んでいて、街に住むおっちゃん
     おばちゃんに演劇が愛されている。それは運営に携わっている、
     のこされ劇場≡さんや北九州お手軽劇場さんの力でもあるし、
     許容してくれる街の懐の深さでもあると思いました。
たじま:それは凄いね。子供が育っている場所に[生の表現]が普通にあるってことでしょ?
     長崎はスポーツばっかりです(笑)
川 内:本当に(笑)でもそういう場所でこの『素敵じゃないか』を上演出来ることも
     縁を感じますね。街のおっちゃんおばちゃんに見て欲しい。
篠 崎:「そんなもんじゃないわよ!」とか言われたい(笑)この作品で触れている
     [人生の大きな選択]という部分で、その選択を経験した人の意見を
     聞きたいというのもあるし、今その[選択]で悩んでいる人も多いと思うんですよね。
     だからより多くの女性に観て欲しいですね。
たじま:本当に年齢によって様々な感想を貰えた作品で、そのどれも似ていなかった。
     年配の男性の感想も興味深かったしね。
     俺が作家として北九州の皆さんにお話したいことが[性]というものが
     この作品の大きなモチーフになっているということ。
     俺自身が色んなメディアを通して性=10代20代の問題という
     印象を受けるんだけど実際にはそうじゃないと思う。
     人が生きていく上で[性]は切り離せないことだし、
     自分の大きなテーマでもある。タブー視されてしまいがちな問題だけど
     演劇ならそれを幅広い世代に、小学生でも30代でも50代でも
     同じ場所に居てそれぞれに
     何かを感じて貰えるものに出来るんじゃないかなと思う。
川 内:そうですね。それとこの北九州公演を機会に、
     色んなジャンルの表現者と出会いたいというのもあります。
     長崎から北九州に行くように、もっと他県の表現者が長崎に来て
     活動して欲しい。枝光本町商店街アイアンシアターの方々が
     協力して下さるように、僕らも長崎に来てくれる時は協力して
     盛り上げて行きたいし。
たじま:そうだね。そしてこの『素敵じゃないか』も他の人が上演してくれたら
     嬉しいなぁと思ってる。40代の役者さんとか。
篠 崎:それは深い話になりそうですね(笑)
川 内:え~では興味を持って頂けた方は
     本番の会場で脚本をお買い求め下さい(笑)
たじま:よろしくお願いします(笑)





e0149261_132088.jpg

[PR]
by rawworks | 2011-02-02 01:29 | 演劇
<< おすすめ 最新記事は、この下に御座います >>



RAWWORKSの川内清通です。長崎を拠点に活動する劇団F's Company所属。 rawworks.kawachi@ gmail.com
by rawworks
カテゴリ
全体
X2
F100
Konica
GX100
vivitar
iPhone
W61S
演劇
整備
未分類
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧